進捗大陸

進捗は、そこにあります

場所

お16

紹介

技術書典駆動開発にて生成された進捗が書かれる本になる予定です(2017年10月分)

詳細ページ

進捗大陸02

内容

自作言語RillとWebAssembly
再帰を持つ関数型言語の符号解析
証明付き分散システムを作ろう!

場所

う-17

紹介

技術書典駆動開発にて生成された進捗が書かれる本になる予定です

詳細ページ

進捗大陸01

内容

自作言語 Rill の実装とあれこれ
抽象解釈による関数型言語の静的解析
静的に型がつく Erlang を目指して